ロゴ

michi

2017/8/4

michi

数種類の組織をそれぞれのモジュールの中で存在させる。異なった柄(組織)でありながらも、柄のつながりを感じられることを目指した。また組織の違いで生まれる布地の立体感にも期待した。より立体感を加えるために、横糸には綿とウールの二種類の糸を使用。繊維の性質(糸の太さ、収縮の差など)により、凹凸が変化することで、色彩と立体感の違いがそれぞれの面に現れる。

柄を構成する繊維が異なることで立体感を面(布地)につくりだし、その柄(ライン)がつながっていく様が “michi” のように感じられる。


Cpyright(c) pole-pole texitile labo All Rights Reserved.